Blog&column
ブログ・コラム

張替えについて

query_builder 2021/09/15
コラム
19

今回は、張替え方法について見ていきましょう。

張替え方法について
張替えには、「裏返し」、「表替え」、「新床」と、3種類の方法があります。
■裏返し
は、新品の状態から3年~5年ほどたつと、日に焼けて色が薄くなったり、イグサがほつれ、ささくれが目立つようになります。
このような場合は、表を反対に引っ繰り返す「裏返し」がおこなわれます。
表は両面使用できるので、2年~3年を目安に裏返しをして、青々と綺麗なにチェンジしましょう。
裏返しをおこなう場合は、ただ単に裏返すだけではなく、縁は新しいものに交換する必要があるので、専門業者に依頼しなければなりません。
また、一度裏返したは、次回また裏返して使用することはできないので、何度も使いまわすことはできないということを覚えておきましょう。
他にも5年以上経過した表は、裏面が劣化していることが多く、部分的な変色が見られる場合は、裏返しではなく張替えを依頼しましょう。

■表替え
表と縁を、新品に交換することを「表替え」と言います。
表替えは、の裏返しをしてから、2年~4年を目安におこなうのがオススメです。
床はそのままですが、新しいイグサが香る、艶やかできれいなに生まれ変わります。

■新床
表や縁だけではなく、床と呼ばれるの芯の部分も新しく交換することを「新床」と言います。
湿気やカビなどが原因で床が腐ると、が部分的に沈んでいるような感覚を感じるようになります。
一般的な床の寿命は10年~20年で、長ければ40年以上も持つと言われていますが、を歩いた時などに、フワフワした感覚や部分的な沈みを感じた時には、早めに専門業者に新床を依頼しましょう。

▼まとめ
新しいから2年~3年であれば「裏返し」をして、その後2年~4年を目安に「表替え」、歩いた時の感覚に変化を感じた時には「新床」をおこないましょう。
ふすま障子網戸張替え専門店「金沢屋 竹原店」では、お電話にてご依頼を承っております。
周辺エリアにお住まいの方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 駐車場整地致しました‼️

    query_builder 2021/09/08
  • 竹原市で段襖にクロス貼り!

    query_builder 2021/08/25
  • 河内町で和紙襖張り替えしました

    query_builder 2021/08/17
  • 竹原市でクロス、、襖張り替えしました。

    query_builder 2021/08/11
  • 竹原で壁に穴が!

    query_builder 2021/08/05

CATEGORY

ARCHIVE