Blog&column
ブログ・コラム

にカビが発生した時の対処法について

query_builder 2021/08/25
コラム
15

今回は、にカビが発生した時の対処法について見ていきますよ。

の表面に発生しやすいカビについて
には、湿度を吸収しやすい天然のイグサが使われているので、梅雨時期などで高湿度の状態が続くと、の表面にカビが繁殖しやすくなります。
イグサは新しいものほど湿気を吸収する力が強いので、古いよりも新しいの方が、カビが発生しやすくなります。
張替えをした後などは、カビが繁殖しないように、湿気対策をおこないましょう。

■カビはどんな条件で発生するのか
カビは部屋の温度が20度以上、湿度が70%以上という環境が、長期間続くことで発生しやすくなります。
これに加え、部屋の隅に溜まったほこりや汚れ、人の汗や皮脂などが、カビの養分となり、にカビが繁殖していきます。

にカビが生えた時の対処法
軽度のカビであれば、の目に沿ってゆっくりと掃除機をかけ、仕上げに清潔な布で乾拭きすることで、カビを取り除くことができます。
重度のカビには、に消毒用アルコールを吹きかけ、歯ブラシを使って優しくカビを掻き出してみて下さい。
仕上げに乾拭きをして、扇風機や除湿機のそばでよく乾燥させましょう。

■NGな対処法について
ここでは、にカビが生えた時に“やってはいけない対処法”についてご紹介していきます。
・水拭き…水拭きは、かえってに水分が染みこみ、カビの発生を促してしまいます。
・カビキラー…カビキラーを使用すると、カビキラーを付けた部分だけが漂白され、変色してしまいます。
・直射日光…を外に干そうとして、直射日光に当ててしまうと、の表面が日焼けしてしまいます。

▼まとめ
せっかく張替えに、カビが生えてしまうのはショックが大きいものです。
しかし、軽度なカビであれば、今回紹介した方法できれいにカビを取り除くことができるので、是非チャレンジしてみて下さい。
ご自身では対処しきれないほど、大量にカビが繁殖してしまった場合は、竹原市にある「金沢屋 竹原店」へ、是非ご相談ください。

NEW

  • 安浦町で、6尺❗️戸襖‼️張り替え注文🤔

    query_builder 2021/10/11
  • 東広島で壁&フローリング張り替え‼️

    query_builder 2021/09/21
  • 駐車場整地致しました‼️

    query_builder 2021/09/08
  • 竹原市で段襖にクロス貼り!

    query_builder 2021/08/25
  • 河内町で和紙襖張り替えしました

    query_builder 2021/08/17

CATEGORY

ARCHIVE